適応疾患

  1. てんかん、熱性けいれん(複雑型を含む)
  2. 起立性調節障害、片頭痛
  3. 登校拒否、不定愁訴(繰り返す頭痛、腹痛、だるいなど)

『熱性けいれん』とは・・・

高熱が引き金となって脳が興奮し、身体に症状が出るものです。
典型的な症状は、全身の筋肉が硬直して表情がこわばり、白目になります。顔色や唇が青くなることもあります。
日本人の5~8%と言われています。1~3歳に最も多く、6歳まではあっても不思議ではありません。再発の可能性は50%以下(25~50%)であり、1回だけの『熱性けいれん』で心配することはありません。

しかし

  1.  けいれんは短くても、その後、顔色が悪く意識が戻らない場合
  2.  1日2回以上けいれんが反復する場合
  3.  けいれんの症状に左右差がある場合
  4.  けいれんが15分以上長引いた場合
  5.  37.5度前後の微熱でひきつけた場合
  6.  ボーっと一点を見つめ動作を停止させていたり、ダラッと脱力的になるなど少し変わったタイプ

①~⑥の場合は検査が必要です。

医師紹介

三輪 あつみ(みわ あつみ)
所属医局東京医科大学小児科
専門小児科一般、呼吸器、アレルギーの診断・治療
認定医等日本小児神経科学会(小児神経科専門医)・日本小児科学会(小児科専門医)・医学博士

女性医師なので、思春期の女の子の症状に対しても相談しやすいかと思います。

①予約は小児科外来でお取りください(電話でも可)
②脳波検査、CT、MRI検査や、その読影も行っています。