診療内容 

対象疾患一般眼科全般
角結膜疾患、白内障、緑内障、ぶどう膜炎、眼底疾患(網膜静脈閉塞症、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、網膜剥離)など
検  査· 視力検査、眼圧検査、細隙灯検査、眼底検査[一般的な眼科診療の検査]

· 角膜形状解析検査(TMS)[角膜乱視、不正乱視、円錐角膜の診断]

· 静的、動的視野検査[緑内障の診断、経過観察など]

· 眼底三次元画像解析装置(光学的干渉断層計:OCT)
 [加齢黄斑変性、眼底出血に伴う黄斑浮腫、緑内障などの診療]

· 蛍光眼底撮影[造影剤を用いた眼底写真撮影。糖尿病網膜症、加齢黄斑変性などの診療]

· 超音波画像診断装置(エコー)
 [強い白内障、硝子体出血など眼底を直接観察できない場合の眼底の状態の把握]

· 網膜電位図(ERG)[網膜疾患の診断特定疾患の診断書作成時に必要]

· 斜視弱視検査[眼位検査、両眼視機能検査、弱視訓練など。3歳児健診の再検査などに対応]

診療の特色

一般的な眼科診察及び検査を全て行っています。
手術治療としては、主に白内障手術、外眼部手術、レーザー治療などを行っています。

白内障手術は、日帰りもしくは2泊3日入院で行っています(症例により日帰り手術では対応できない場合があります。また、日帰り手術の場合、帰宅時に付き添いの方が必要です。)。

加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫、糖尿病網膜症に伴う黄斑浮腫などに対する抗VEGF薬硝子体内注射も行っています。

医師紹介

熊倉 重人(くまくら しげと)
役職眼科部長
専門白内障手術、前眼部疾患
認定医等日本眼科学会認定眼科専門医
新留 絵里菜(にいどめ えりな)
阿川 哲也(あがわ てつや)
専門ぶどう膜炎
認定医等日本眼科学会認定眼科専門医
禰津 直也(ねづ なおや)
専門緑内障
認定医等日本眼科学会認定眼科専門医

担当医表

更新日時:2022/6/11

受付時間
午 前 8:00~11:30診察開始 9:00初診の方8:30~11:30 禰 津 熊 倉 熊 倉 熊 倉 東京医大
新 留(絵)初診11:00迄 新 留(絵) 阿 川 東京医大 新 留(絵) 新 留(絵)1,3,5週のみ
午 後 ~16:30診察開始 14:00初診の方12:30~16:30 禰 津 熊 倉 熊 倉
新 留(絵)1,3,5週のみ 新 留(絵) 新 留(絵) 東京医大初診16:00迄 新 留(絵)

お知らせ

  • 予告なく診療体制を変更する可能性がございます。
  • 診療混雑時はやむを得ず受付を終了させていただく場合がございます。

休診・代診

7月 1日(金)午前 熊倉医師 休診
  • 休診・代診などの診療変更については、院内掲示又はお電話にてご確認ください。

その他

4名の視能訓練士が諸検査を行っております。

眼科では眼底検査が必要な場合、散瞳(目薬で瞳孔を開く)することがあります。散瞳後は、4~5時間は視界がまぶしくなりピントもぼやけるため、車・バイク等の運転はできません。受診の際は車・バイク等でのご来院はお控えください。