医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数299114418236452690818271496357

年齢階級別退院患者数は、2019年度に退院した患者様の年齢を10歳刻みごとに集計した患者数です。

  • 当院の退院患者様は、60歳以上の割合が全体の77.4%(前年比-1.5%)、70歳以上の割合が全体の62.1%(前年比-1.4%)と患者様の2人にひとり以上が70歳以上の患者様です。前年度に比べ“10歳~”を除く年齢層が増加しております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x00x誤嚥性肺炎8757.0920.8416.09%85.61
060340xx03x00x胆管(肝内外)結石、胆のう炎 限局性腹腔膿瘍手術等6914.659.792.90%72.86
060100xx01xx0x小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術623.442.630.00%70.10
100070xx99x1002型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) インスリン注射あり4818.0213.722.08%65.81
0400801499×002肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) A-DROPスコア 24531.0215.178.89%82.62

内科における症例は、1位が誤嚥性肺炎、2位が胆管系、3位が小腸大腸の良性疾患です。
(前年度 1位:誤嚥性肺炎、2位:腎・尿路系の疾患、3位:肺炎)

  • 1位となった“誤嚥性肺炎”は、前年度よりも19名減少し平均在院日数は18.79日長くなりました。全国の平均在院日数に比べると36.25日長く、平均年齢から見ても高齢の方が多いことが見受けられます。
  • 糖尿病専門医による教育入院の患者様を多く受け入れております。また、糖尿病・内分泌内科では主治医からの依頼のもと他科入院の併診血糖管理も多数対応しております。

※集計対象が「一般病棟に1回以上入院した患者様。」となっております。
当院は、“障害者施設等入院基本料”および“地域包括ケア病棟入院料”を算定している病棟があるため、一般病棟から転棟した患者様も含めた日数で集計されております。それにより平均在院日数が長くなっている症例がございます。

※DPC(「診断群分類」を意味します。)とは、患者様の傷病名に対する医療行為の組み合わせにより、様々な状態の患者様を分類する仕組みです。
※入院患者様の病状により手術・処置などの治療内容に応じて定められた、1日ごとの支払い方式で医療費の計算を行う制度(DPC/PDPS)です。

循環器内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx02000x狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等(PCI)1154.934.400.87%70.17
050130xx99000x心不全8824.9117.712.27%79.28
050050xx99100x狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル法(CAG)753.753.011.33%70.07
050030xx97000x急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞5912.4112.370.00%71.86
050050xx99200x狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル法(CAG+FFR)333.643.150.00%74.21

循環器内科における症例は、1位が狭心症(治療)、2位が心不全、3位が狭心症(検査入院)です。
(前年度 1位:狭心症(治療)、2位:狭心症(検査入院)、3位:心不全)

  • 1位となった“狭心症(治療)”は、前年度よりも37名減少し平均在院日数に大きな変化はありませんでした。また、全国の平均在院日数に比べると0.53日長くなっております。

※DPC(「診断群分類」を意味します。)とは、患者様の傷病名に対する医療行為の組み合わせにより、様々な状態の患者様を分類する仕組みです。
※入院患者様の病状により手術・処置などの治療内容に応じて定められた、1日ごとの支払い方式で医療費の計算を行う制度(DPC/PDPS)です。

外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060160x001xxxx鼠径ヘルニア(15歳以上) 手術あり605.874.851.67%71.90
060035xx99x60x結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 (化学療法あり)293.104.400.00%68.69
060370xx99x00x腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。)228.6812.770.00%44.23
060040xx99x4xx直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 (化学療法あり)203.004.640.00%64.10
060335xx02000x胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等197.167.130.00%57.58

外科における症例は、1位が鼠径ヘルニア、2位が結腸の悪性腫瘍(化学療法あり)、3位が腹膜炎、腹腔内膿瘍です。
(前年度 1位:鼠径ヘルニア、2位:肺の悪性腫瘍(消化管の悪性腫瘍による転移性肺がんの化学療法)、3位:結腸の悪性腫瘍(化学療法あり)

  • 1位となった“鼠径ヘルニア”は、前年度よりも1名減少し平均在院日数に大きな変化はありませんでした。また、全国の平均在院日数に比べると1.02日長くなっております。

※DPC(「診断群分類」を意味します。)とは、患者様の傷病名に対する医療行為の組み合わせにより、様々な状態の患者様を分類する仕組みです。
※入院患者様の病状により手術・処置などの治療内容に応じて定められた、1日ごとの支払い方式で医療費の計算を行う制度(DPC/PDPS)です。

整形外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx大腿骨頚部骨折 人工骨頭挿入術等14738.9125.9453.06%82.58
070370xx99xxxx脊椎骨粗鬆症7046.6020.7428.57%81.26
070230xx01xxxx膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等6136.8523.560.00%75.62
07040xxx01xxxx股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等6033.0221.531.67%68.25
160760xx97xxxx前腕の骨折 手術あり485.985.540.00%54.04

整形外科における症例は、1位が大腿骨の骨折、2位が骨粗鬆症、3位が膝関節の疾患です。
(前年度 1位:大腿骨の骨折、2位:骨粗鬆症、3位:膝関節の疾患)変化はありません。

  • 1位となった“大腿骨の骨折”は、前年度よりも4名減少し平均在院日数は5.00日長くなりました。全国の平均在院日数に比べると12.97日長くなっております。

※集計対象が「一般病棟に1回以上入院した患者様。」となっております。
当院は、“障害者施設等入院基本料”および“地域包括ケア病棟入院料”を算定している病棟があるため、一般病棟から転棟した患者様も含めた日数で集計されております。それにより平均在院日数が長くなっている症例がございます。

※DPC(「診断群分類」を意味します。)とは、患者様の傷病名に対する医療行為の組み合わせにより、様々な状態の患者様を分類する仕組みです。
※入院患者様の病状により手術・処置などの治療内容に応じて定められた、1日ごとの支払い方式で医療費の計算を行う制度(DPC/PDPS)です。

脳神経外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060×2990401脳梗塞(エダラボン使用)7720.7116.1318.18%69.57
010040x099000x非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)3929.1818.8146.15%69.49
010060×2990411脳梗塞(エダラボン使用) 肺炎等の合併症あり2720.3718.2425.93%74.93
160100xx97x00x頭蓋・頭蓋内損傷1913.849.670.00%79.63
010230xx99x00xてんかん1815.677.1011.11%60.06

脳神経外科における症例は、1位が脳梗塞(薬剤治療)、2位が脳出血(安静治療)、3位が脳梗塞 合併症あり(薬剤治療)です。
(前年度 1位:脳梗塞(薬剤治療)、2位:脳出血(安静治療)、3位:脳梗塞 合併症あり(薬剤治療))変化はありません。

  • 1位となった“脳梗塞(薬剤治療)”は、前年度よりも1名増加し平均在院日数は0.71日短くなりました。全国の平均在院日数に比べると4.58日長くなっております。

※集計対象が「一般病棟に1回以上入院した患者様。」となっております。
当院は、“障害者施設等入院基本料”および“地域包括ケア病棟入院料”を算定している病棟があるため、一般病棟から転棟した患者様も含めた日数で集計されております。それにより平均在院日数が長くなっている症例がございます。

※DPC(「診断群分類」を意味します。)とは、患者様の傷病名に対する医療行為の組み合わせにより、様々な状態の患者様を分類する仕組みです。
※入院患者様の病状により手術・処置などの治療内容に応じて定められた、1日ごとの支払い方式で医療費の計算を行う制度(DPC/PDPS)です。

呼吸器外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx9910xx肺の悪性腫瘍 (生検等の検査あり)732.633.340.00%71.21
040040xx97x0xx肺の悪性腫瘍 手術あり5213.4411.510.00%70.35
040200xx01x00x気胸 肺切除術等298.8610.180.00%29.93
040040xx99040x肺の悪性腫瘍 (化学療法ありかつ放射線療法なし)216.679.590.00%76.48
040040xx9905xx肺の悪性腫瘍 (化学療法あり)カルボプラチンなど1716.8220.040.00%74.47

呼吸器外科における症例は、1位が肺がん(検査入院)、2位が肺がん(手術治療)、3位が気胸(手術治療)です。
(前年度 1位:肺がん(検査入院)、2位:肺がん(手術治療)、3位:気胸(手術治療))変化はありません。

  • 1位となった“肺がん(検査入院)”は、前年度よりも11名減少し平均在院日数に大きな変化はありませんでした。また、全国の平均在院日数に比べ0.71日短くなっております。

※DPC(「診断群分類」を意味します。)とは、患者様の傷病名に対する医療行為の組み合わせにより、様々な状態の患者様を分類する仕組みです。
※入院患者様の病状により手術・処置などの治療内容に応じて定められた、1日ごとの支払い方式で医療費の計算を行う制度(DPC/PDPS)です。

眼科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
020110xx97xxx1白内障、水晶体の疾患 手術あり(両眼)443.165.090.00%78.80
020110xx97xxx0白内障、水晶体の疾患 手術あり(片眼)343.882.780.00%79.29
020220xx97xxx0緑内障 手術あり(片眼)7.53

眼科における症例は、1位.・2位が白内障、3位が緑内障です。
(前年度 1位:白内障、2位:緑内障、3位:硝子体の疾患)

  • 1位となった“白内障”は、前年度よりも19名減少し平均在院日数に大きな変化はありませんでした。また、全国の平均在院日数に比べ1.93日短くなっております。

※DPC(「診断群分類」を意味します。)とは、患者様の傷病名に対する医療行為の組み合わせにより、様々な状態の患者様を分類する仕組みです。
※入院患者様の病状により手術・処置などの治療内容に応じて定められた、1日ごとの支払い方式で医療費の計算を行う制度(DPC/PDPS)です。
*10症例未満の場合は、「-」で表示しております。

耳鼻咽喉科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030240xx99xxxx扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし275.075.450.00%32.59
030240xx01xxxx扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術あり204.857.760.00%36.85
030428xxxxxxxx突発性難聴167.758.930.00%51.75
030230xxxxxxxx扁桃、アデノイドの慢性疾患156.807.800.00%20.73
030350xxxxxxxx慢性副鼻腔炎136.086.800.00%61.54

耳鼻咽喉科における症例は、1位・2位が扁桃腺の疾患、3位が突発性難聴です。
(前年度 1位:めまい(前庭機能障害)、2位・3位:扁桃腺の疾患)

  • 1位・2位となった“扁桃腺の疾患”は、前年度(前年度までは、手術あり・なしの区別なし。)よりも33名増加し平均在院日数に大きな変化はありませんでした。また、全国の平均在院日数に比べ0.38日短くなっております。

※DPC(「診断群分類」を意味します。)とは、患者様の傷病名に対する医療行為の組み合わせにより、様々な状態の患者様を分類する仕組みです。
※入院患者様の病状により手術・処置などの治療内容に応じて定められた、1日ごとの支払い方式で医療費の計算を行う制度(DPC/PDPS)です。

皮膚科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080010xxxx0xxx膿皮症3411.8812.550.00%61.12
080020xxxxxxxx帯状疱疹297.529.000.00%63.86
080007xx010xxx皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術102.204.010.00%55.70
080090xxxxxxxx紅斑症10.05
080006xx01x0xx皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等7.90

皮膚科における症例は、1位が膿皮症、2位が帯状疱疹、3位が皮膚の良性腫瘍です。
(前年度 1位:帯状疱疹、2位:膿皮症、3位:皮膚の悪性腫瘍)

  • 1位となった“膿皮症”は、前年度よりも5名増加し平均在院日数は1.88日長くなりました。しかし、全国の平均在院日数に比べ0.67日短くなっております。

※DPC(「診断群分類」を意味します。)とは、患者様の傷病名に対する医療行為の組み合わせにより、様々な状態の患者様を分類する仕組みです。
※入院患者様の病状により手術・処置などの治療内容に応じて定められた、1日ごとの支払い方式で医療費の計算を行う制度(DPC/PDPS)です。
*10症例未満の場合は、「-」で表示しております。

泌尿器科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110080xx991x0x前立腺の悪性腫瘍 (生検等の検査あり)1172.482.490.00%73.31
11012xxx040x0x上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき)832.112.640.00%54.19
110070xx02020x膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 (化学療法あり)4011.157.250.00%74.35
11012xxx020x0x上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術314.905.610.00%61.39
110310xx99xx0x腎臓または尿路の感染症2412.0012.588.33%72.25

泌尿器科における症例は、1位が前立腺がん・前立腺がん疑い、2位が腎・尿管結石、3位が膀胱腫瘍です。
(前年度 1位:前立腺がん・前立腺がん疑い、2位:腎・尿管結石、3位:膀胱腫瘍)変化はありません。

  • 1位となった“前立腺肥大症・前立腺がん”は、前年度より26名増加し平均在院日数に大きな変化はありませんでした。また、全国の平均在院日数に比べても変化はありません。

※DPC(「診断群分類」を意味します。)とは、患者様の傷病名に対する医療行為の組み合わせにより、様々な状態の患者様を分類する仕組みです。
※入院患者様の病状により手術・処置などの治療内容に応じて定められた、1日ごとの支払い方式で医療費の計算を行う制度(DPC/PDPS)です。

婦人科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
12002xxx02x0xx宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等222.823.130.00%38.24
120060xx01xxxx子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等158.279.710.00%45.93
120070xx02xxxx卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。)
腹腔鏡によるもの
6.21
12002xxx01x0xx子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等12.29
120110xx99xx0x子宮・子宮附属器の炎症性疾患8.09

婦人科における症例は、1位が子宮の悪性腫瘍、2位が子宮の良性腫瘍、3位が卵巣の良性腫瘍です。
(前年度 1位:子宮の悪性腫瘍、2位:子宮の良性腫瘍、3位:卵巣の良性腫瘍)変化はありません。

  • 1位となった“子宮の悪性腫瘍”は、前年度よりも5名増加し平均在院日数に変化はありません。また、全国の平均在院日数に比べ0.31日短くなっております。

※DPC(「診断群分類」を意味します。)とは、患者様の傷病名に対する医療行為の組み合わせにより、様々な状態の患者様を分類する仕組みです。
※入院患者様の病状により手術・処置などの治療内容に応じて定められた、1日ごとの支払い方式で医療費の計算を行う制度(DPC/PDPS)です。
*10症例未満の場合は、「-」で表示しております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌103817・8
大腸癌103937425117・8
乳癌17・8
肺癌2753526317・8
肝癌2517・8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約初発の5大癌のUICC病期分類ならびに再発の実患者数を示しています。
StageⅠが進行度が低く、StageⅣが最も進行した病期を表します。

  • 当院では、肺がんでStageⅢ・Ⅳが多く見られます。肺がんについては“不明”も多い傾向にありますが、その理由として検査入院を多く受け入れており、退院後に病理結果が判明するためです。こちらの表では、入院中に判明している病期を掲載しております。

※「初発」とは、自施設において、当該腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合を指しています。
※「再発」とは、自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、自施設にて患者を診療した場合や、治療がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指しています。
*10症例未満の場合は、「-」で表示しております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数平均在院日数平均年齢
軽症2012.5555.65
中等症17027.4380.37
重症4636.7683.63
超重症1724.7184.47
不明

DPCという支払制度における“最も医療資源を投入した傷病名”と“入院契機病名”が成人(20歳以上)の市中肺炎の患者様について重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。

  • 当院においては、重症度が“中等度”の患者様が最も多く、次いで多いのが“重度”の患者様で年齢層は共に80歳代となります。また、軽度~重度で増加傾向にあり、前年度に比べ109名増加しています。

※市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎の事です。重症度とは、身体所見、年齢による肺炎の重症度分類(A-DROPシステム:日本呼吸器学会による重症度分類)により、年齢や性別、血液中の酸素濃度、脱水症状の有無、意識障害の有無等で数値化し分類をしています。数字が大きいほど重症となります。

脳梗塞の患者数等

発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内20831.8473.7029.09%
その他1237.6780.370.91%

発症日から3日以内の入院とそれ以外に分けて集計をしております。

  • 当院は、前年度に比べ“3日以内”の患者数に21名の減少が見られ、平均在院日数は2.16日短く、転院率も6.87%減率しております。

転院の目的としては、急性期の治療後にリハビリテーションなどの回復期の治療を専門的に行える施設へ移られる患者様が見受けられます。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)651.752.180.00%73.11
K688内視鏡的胆道ステント留置術435.5115.094.65%74.02
K654内視鏡的消化管止血術403.7016.5512.50%74.13
K6871内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ)293.8310.900.00%66.03
K722小腸結腸内視鏡的止血術191.056.370.00%72.95
  • 内科における主要手術は、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術です。また、内視鏡的胆道ステント術や内視鏡的乳頭切開術も実施しております。

前年度に最も多かった内視鏡的消化管止血術を施行した患者様も16名増加しております。

循環器内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの1206.306.654.17%71.50
K5492経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの550.1520.247.27%74.47
K5972ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合324.5310.310.00%78.53
K5491経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの270.0018.040.00%70.15
K616四肢の血管拡張術・血栓除去術242.0811.460.00%75.83
  • 循環器内科における主要手術は、経皮的冠動脈ステント留置術です。前年度よりも15名減少し、平均術後日数および平均年齢に変化はありません。

※狭くなった冠動脈を血管の内側から拡げるために行う低侵襲的な治療法で、下肢の大腿動脈または上肢の橈骨動脈や上腕動脈から「カテーテル」という細い管を挿入し、大動脈を通過して冠動脈の狭窄部まで進めて治療を行います。

外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K634腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)421.523.002.38%70.19
K672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術dpc363.225.110.00%61.92
K719-3腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術2510.5214.960.00%76.36
K718-21腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの201.404.700.00%44.80
K6335鼠経ヘルニア手術181.723.940.00%75.89
  • 外科における主要手術は、鼠径ヘルニア(腹腔鏡下)に対する手術です。前年度よりも10名減少し、平均術前・術後日数に変化は無く、平均年齢は2.57歳高くなっております。

※鼠径ヘルニアには、外鼠径ヘルニアと内鼠径ヘルニアがあり、内鼠径が全体の約1%と大部分が外鼠径ヘルニアとなります。1歳を過ぎると自然治癒は期待できない為、手術治療が必要となります。
※腹腔鏡下手術とは、腹部に小さな傷をつけて行う手術方法であり、2cm 程の切開を複数作成し、そこから腹腔鏡と手術道具を挿入して行う手術です。

整形外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461骨折観血的手術(上腕、大腿)1354.7934.2140.00%76.04
K0821人工関節置換術(股、膝)1263.0631.300.79%71.98
K0462骨折観血的手術(下腿、前腕)802.3015.612.50%55.53
K0811人工骨頭挿入術(股)594.4131.5950.85%82.80
K0463骨折観血的手術(鎖骨、指、手(舟状骨を除く)、足、膝蓋骨)441.959.520.00%47.57
  • 整形外科における主要手術は、大腿骨に対する観血的手術です。前年度よりも3名増加し、平均術後日数は7.20日増加、平均年齢は1.33歳高くなっております。

※観血的とは、医療行為のうち、出血を伴う処置のことです。 メスで皮膚を切開するなど外科手術や外科的処置などが該当します。

※集計対象が「一般病棟に1回以上入院した患者様。」となっております。
当院は、“障害者施設等入院基本料”および“地域包括ケア病棟入院料”を算定している病棟があるため、一般病棟から転棟した患者様も含めた日数で集計されております。それにより平均術後日数が長くなっている症例がございます。

脳神経外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術211.9524.050.00%78.62
K1771脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所170.3575.6547.06%65.12
K1781脳血管内手術 1箇所123.3363.9233.33%62.83
K386気管切開術
K1642頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下)
  • 脳神経外科における主要手術は、慢性硬膜下血腫に対する手術です。前年度よりも8名減少、平均術後日数は14.57日増加、平均年齢は1.35歳低くなっております。

※慢性硬膜下血腫とは、脳と頭蓋骨の間に血液が貯留する病気で、一般的には頭を打ったあと、2週間から3ヶ月の期間に起こります。難しくなりますが、頭蓋骨の内側にある硬膜と脳を包むくも膜の間の硬膜下腔に血液が貯留するため、硬膜下血腫と呼ばれています。男性高齢者に多くみられますが、比較的若い人や、頭を打った記憶がない人にもみられます。外傷以外の原因としてアルコール多飲、脳圧の低下、感染、動脈硬化、貧血などが知られています。

※集計対象が「一般病棟に1回以上入院した患者様。」となっております。
当院は、“障害者施設等入院基本料”および“地域包括ケア病棟入院料”を算定している病棟があるため、一般病棟から転棟した患者様も含めた日数で集計されております。それにより平均術後日数が長くなっている症例がございます。

*10症例未満の場合は、「-」で表示しております

呼吸器外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K514-23胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 (肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)393.3612.870.00%70.36
K5131胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)314.327.030.00%32.13
K5132胸腔鏡下肺切除術(その他)
K6113抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K488-4胸腔鏡下試験切除術
  • 呼吸器外科における主要手術は、胸腔鏡下による肺切除手術です。前年度よりも5名減少し、平均術前日数は1.96日短く、平均術後日数は1.89日増加、平均年齢は3.89歳低くなっております。

※胸腔鏡手術とは、胸に小さな傷をつけて行う手術方法であり、2cm 程の切開を複数作成し、そこから胸腔鏡と手術道具を挿入して行う手術です。
*10症例未満の場合は、「-」で表示しております。

眼科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの781.001.470.00%79.01
K2683緑内障手術 濾過手術
  • 眼科における主要手術は、白内障に対する手術です。前年度よりも38名減少し、平均術前・術後日数および平均年齢に変化はありません。
    主な原因としては加齢によるものが多くなっております。

*10症例未満の場合は、「-」で表示しております。

耳鼻咽喉科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K368扁桃周囲膿瘍切開術200.053.800.00%36.85
K3772口蓋扁桃手術 摘出191.005.050.00%23.00
K340-5内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)111.004.640.00%57.27
K4571耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術)
K347鼻中隔矯正術
  • 耳鼻咽喉科における主要手術は、扁桃周囲膿瘍に対する手術です。他の科に比べて平均年齢に低い傾向が見られます。

*10症例未満の場合は、「-」で表示しております。

皮膚科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0072皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除
K0061皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満)
K0062皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満)
K0063皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満)
K0911陥入爪手術 簡単なもの
  • 皮膚科における主要手術は、皮膚の悪性腫瘍に対する手術です。前年度と比べ症例数・日数に大きな変化はありません。

※皮膚・皮下腫瘍は、皮膚にできるしこりもしくは、皮膚の下にできるしこりで大変多くの種類がありますが、大きくわけると「良性のもの」と「悪性のもの」に分類されます。 その悪性に対する手術が上位となります。
*10症例未満の場合は、「-」で表示しております。

泌尿器科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K768体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき)840.311.110.00%54.54
K8036イ膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの631.927.110.00%73.73
K7811経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの311.392.520.00%61.39
K783-2経尿道的尿管ステント留置術260.386.773.85%71.42
K773腎(尿管)悪性腫瘍手術102.5013.800.00%74.70
  • 泌尿器科における主要手術は、腎結石や尿管結石に対する体外衝撃波による破砕術です。前年度よりも2名減少し、平均術前・術後日数に変化はありません。平均年齢は2.33歳低くなっております。

※破砕術とは、外科手術をせずに体の外より衝撃波をあて、体に傷をつけることなく 結石を粉々に砕き、体の外に流しだす治療法です。多少身体に負担はありますが、良好な治療効果が期待できます。
*10症例未満の場合は、「-」で表示しております。

婦人科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K867子宮頸部(腟部)切除術231.000.700.00%41.22
K877子宮全摘術231.306.574.35%50.09
K8882子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの
K879子宮悪性腫瘍手術
K889子宮附属器悪性腫瘍手術(両側)
  • 婦人科における主要手術は、子宮に対する手術です。前年度よりも症例数が6名増加し、平均術前・術後日数に変化はありません。平均年齢は2.98歳高くなっております。

*10症例未満の場合は、「-」で表示しております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC傷病名入院契機症例数生率
130100播種性血管内凝固症候群同一
異なる180.30%
180010敗血症同一
異なる270.46%
180035その他の真菌感染症同一
異なる
180040手術・処置等の合併症同一
異なる

医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、この表に示す4つの傷病名について、入院契機となった傷病名の同一性の有無を区分して患者数と発生率を示しています。これらの傷病名が全くないとすれば重症な症例を扱っている医療機関としては不自然であり、多すぎることも問題となります。
入院契機の“異なる”ものとは、入院中に基礎となる疾患が重症化したと考えられます。また、発症率とは2019年度の全退院患者に対する発症割合を示しています。

  • 前年度よりも、(※1)播種性血管内凝固症候群の症例数は3件減少し、発症率も0.08%低くなっております。また、(※2)敗血症の症例数は13件減少し、発症率も0.26%低くなっております。

(※1)播種性血管内凝固症候群(DIC)とは、さまざまな理由によって血管内で血液凝固系が活性化され、全身的に血管内で血液が凝固し、細小血管に多数の微小血栓(けっせん)を生じる病態のことです。(引用元:病気事典〔家庭の医学〕)
(※2)敗血症とは、肺炎や腎盂腎炎(じんうじんえん)など生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす症候群です。背景として悪性腫瘍、血液疾患、糖尿病、肝・腎疾患、膠原病(こうげんびょう)といった基礎疾患がある場合、あるいは未熟児、高齢者、手術後といった状態である場合が多いとされています。(引用元:病気事典〔家庭の医学〕)

*10症例未満の場合は、「-」で表示しております。

更新履歴

2020/09/25 令和元年度 病院指標を公開しました。