当院職員における新型コロナウイルス感染症の発症について:第2報

昨日の検査の結果、陽性が検出された職員と会食をしていた職員3名の新型コロナウイルス(COVID-19)陽性が判明しました。
尚、抗原、PCR検査を230件行いましたが、入院患者様、職員共に陰性の確認をしております。
保健所に確認の結果、今回一連の陽性者との濃厚接触者はおりませんでした。
今後の状況につきましては、あらためてご報告申し上げます。

  • 保健所の指示および病院の協議の結果、診療の制限はございません。
  • 当院に入院される患者様、全てにおいて抗原検査、PCR検査を実施し、陰性を確認し、入院いただいております。

引き続き、保健所の指導のもと、院内感染防止対策を徹底してまいります。
また、今後の状況につきましては、随時ご報告を申し上げます。

患者様、地域の方々には、ご心配、ご不安をおかけしますが、職員一同改めて院内感染予防に全力で努めてまいります。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

2020年10月29日
新座志木中央総合病院 病院長 林 淳慈

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です